旬情報

バックナンバー




平成29年12月に新たに誕生した大分県のオリジナル品種「ベリーツ」。
名前の由来は“ストロベリー”と“スイーツ”から。「ベリーツ」はイチゴの他品種に比べ
て赤色が濃く、収穫時期に関わらず高く安定した糖度であることが特徴です。


 
南部事業部佐伯苺生産部会には27人の部会員が在籍しています。
 「ベリーツ」「さがほのか」「恋み のり」の3品種を合計5.3haの面積で栽培。
  そのうち10人が90aの面積で「ベリーツ」を栽培しています。






                                                                   

ページの上部へ戻る

HOMEへ戻る