旬情報

バックナンバー

大分かぼす


大分県特産品の「カボス」がGIに登録

 大分県が9割以上を生産する県特産品の「カボス」。平成29年5月26日、「大分かぼす」として国の地理的表示保護制度(GI)に登録されました。登録番号は「第33号」。かんきつ類では初の登録になります。
(写真)
GIマークが貼られた「大分かぼす」商品 ( イメージ)

知事へ報告、今後の躍進に期待

 大分県カボス振興協議会は5月30日、「大分かぼす」のGI登録を広瀬勝貞大分県知事、太田豊彦副知事へ報告しました。 関係者らが県庁を訪れ報告。「ハウスカボスは出荷が始まっており、露地カボスも順調に生育している。GI登録をPRしながら生産者一体となってがんばる」と決意を表しました。 GIマークは、登録内容に沿って生産された青果用カボスに使用されます。同会では今後、市場・流通関係者、消費者へGIを広くPRするとともに、青果物の出荷拡大に向けて、GI対応マニュアルを作成し、生産者への理解を深めていきます。


ページの上部へ戻る

HOMEへ戻る